サンプルバナー

新年のご挨拶2017年01月08日

新年、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。



私、民進党、大阪18区総支部長の「かわとやすし」と申します。

現在は、泉州地域で起業家として会社を設立し、様々な事業を立ち上げ活動しております。

私、かわとやすし、民進党から次期衆議院選に全力で挑戦させていただきますので何卒、よろしくお願い申し上げます。

私は、今、やるべきことは、党派を超えて、今の政権与党に対峙できる政治勢力の結集を作り上げるとこであると考えております。

現状の、一強多弱の政治状況では与党や与党寄りの維新が形式的な議論を求めても結論ありきの出来レースであり、本当の議論なんて成り立ちません。

与野党の均衡状態こそが緊張感があり、最も自然で健全な議会制民主主義であると考えます。

ですから議論ができる環境をまずは作らなければなりません。

そのための方法の第一段階としてまずは、私、自ら、この一強多弱の政治状況を打ち破るために一石を投じ、この度、民進党から次期衆議院選に向けて立ち上がることを決意致しました。

議会制民主主義の健全化に向けて、次の選挙は最も重要で全国的に見れば関ヶ原の合戦でございます。

私個人と致しましては、現職の衆議院議員が二人もいる現状の大阪18区の選挙区において大阪夏の陣の真田幸村のような心境でございます。しかしながら持ち前の知恵と勇気で全力で戦って参りたいと思います。

みなさん、もう一度、野党にお力をお貸しください。

私は、「住民目線と実現力が第一!!」をモットーとし、「人や人生」にスポットライトをあて、生活者目線の人を中心とした人にやさしい政治の実現を目指して汗をかきながら頑張って参りたいと思います。

自民党支持の皆様、維新の会支持の皆様等、圧倒的多くの市民の皆様、各論ではなく、まずは総論で野党は必要か否かをお考え下さい。表があれば裏がある、与党があれば野党がある賛成があれば反対がある、是があれば非があると思います。今、大阪では野党がなくなりかけております。

私は、自分の仕事はまず野党を元に戻すことであると認識しております。

弱小の「かわとやすし」ではございますが全力で頑張ります。

何卒、「かわとやすし」をよろしくお願い申し上げます。



民進党大阪18区総支部長

かわと やすし